ラポ☆スタ

株式会社ラポールスターのブログです

ログはやっぱり大切だよね、というお話

time 2019/11/27

ログはやっぱり大切だよね、というお話

リーダーの高山です。初回投稿以降、久方ぶりの投稿になってしまいましたー。
はい、さぼっててすいません(;’∀’)

今回はですね、ログって大事だよね書こうよマジで、っていうシンプルなお話です。
書こうと思ったきっかけは今の現場ですねー。
BtoCのWebサービスを開発・運営しているんですが、ほとんどログが出ないんですよ。
あえて出さないようにしてるのかな、と思うくらいカルチャーショックでしたね。

クレームきた時どうすんの?障害起きた後の復旧どうすんの?それらって超なる早じゃないの?
とか思い始めるともうキリが無くて、ここにその想いをぶちまけようと思った次第です。

私自身が能力が平凡(くらいはあると思いたい(;’∀’))レベルで、かつあんまし自分のことを信じてないので、
プログラム書く際ちょくちょくログ出してtail -f | grep KEYWORDってやって確認していきたい派なんですよね~。
キモどころなんかはリリース時もログ出したままにして、本番でも正常動作をさっと確認して安心したいし、
障害とか不具合の時の切り分け目安にもできたりするし。
だって大抵面倒くさいじゃないですか、何かあった時の調査って(*´з`)
あの、調査してもわからないんじゃないかな、っていう不安を抱えたまましらみつぶしに進めていったり、
時間無いなかでどこまで調べて目途付けるか、とか、ググって出てこないけどもう少し当たってみるか、とか。。。
もうね、ほんっとストレス(/・ω・)/
そこに時間割き過ぎて他タスクが圧迫するのもストレス(/・ω・)/
そして残業、はいストレス(/・ω・)/

だから、ね、やっぱりログって大切なんだな、って思うんです。
手間かけた分いつか助けてくれるんだなって。どこかで身に還ってくるんだなって。

確かにログそのものは無くても動きます。
ソースの可読性を下げたり、適当すぎるログだと逆に混乱したりとかもよくあります。

たださ、良くあるじゃないですか。
ソースが仕様書、動いているものが正、っていうやつ(/・ω・)/
いやもうある程度はしょうがないのかなって思うんです、みんな忙しいからね。
ただそう言っちゃうなら、せめてその動いているもの周りのメンテくらいしようよ、って気分なんです。
ソースがあって、動いた結果のデータがある。以上・・・てのはあまりにも寂しくありません?
未来の自分や後任への気遣いというかなんというか。
「ここはこんな感じでしっかり動いているから安心していいぜ」っていう思いやりがあってもいいのかーって思います。

ITシステム自体、無くても世界は回るものです。だから正直無くても問題ない。
でもそれが今や社会インフラに必要不可欠な存在になっている。
便利にしたい。効率良くしたい。そんなできたらいいなーレベルの想いが今の社会を作っています。
それってなんかログも一緒じゃありません?
小さな気遣い思いやりだけど、あるとちょっぴり嬉しくて、サンキューって気持ちになる。

そんな優しい想いが伝搬していき、世界を満たしてくれるといいな。
みんな笑顔で定時帰宅できるといいな。

はい!以上、いいからみんなログを書け(/・ω・)/っていうお話でした。

down

コメントする




five × one =

プライベート