Staff Blog - ラポ☆スタ

Work easy. Life easy.

バイク事故と、事故したときに守ってくれる装備品

time 2023/06/26

バイク事故と、事故したときに守ってくれる装備品

こんにちは。リーダーのKです。

昨今、バイク、ロードバイク及び自転車、電動キックボードによる事故が相次いでいます。
自分の身を守れるのは自分だけですし、公道では何が起こるかわからないので、
本日は体を守る装備品について軽くご案内できればと思います。
また、バイク向けの自動二輪・大型二輪教習時はプロテクター・ヘルメットは必須となっております。
そのことからも、バイク向けは商品が充実してますが、ロードバイク向けだと見かけない印象ですね。

1.ヘルメット(頭部)
バイクでは必須、ロードバイク及び自転車では努力義務となったヘルメットです。
速度域が違う乗り物ですので何ともですが、転んで路上の路肩帯にぶつかる、走行中に電柱等に頭部をぶつけた場合、
ケガをするなり失神する、最悪即死します。
バイク向けの場合、125cc以下向けのヘルメットと126cc以上対象のヘルメットで区分けもあるので、
詳しくはお店でお伺いください。
価格帯としては、1万円~5万円がボリュームゾーンとなっております。

ロードバイク及び自転車の場合は、特段区分けはなかったかと思います。
価格帯としては3000円程度~2万円くらいまでと幅広いです。
風通しが良いようにするための通気口が空いているため、蒸れることも少ないかと思います。

2.グローブ(手および手首)
特にグローブをつけないという方もいると思いますが、
速度が出るバイク、ロードバイクについては発汗によるずれを抑える、転倒時の手の保護もあるため、
つけている方が多い印象です。
価格帯はバイク、ロードバイクとも1000円の安いものから5000円程度の普及帯、10000万円越えの高価格帯まで様々かと思います。
バイク向けの場合は手首、手の甲、手のひらに衝撃吸収材を入れて保護する形になっており、転倒時の骨折予防にもなりますので、
是非、プロテクター入りのグローブを装着して走ってくださいね。

3.上半身向けプロテクター(肘・肩・脊髄・胸部)
バイク向けでよくある夏向け・オールシーズン・冬季向けのジャケットでワンセットになっているものが売られてます。
価格帯は8000円~30000円と幅がありますが、1着で上半身の主要部を守ってくれますので安心できます。

また、個別に肘部、胸部、背面脊髄、向けのプロテクターが販売されております。

バイク向けジャケットが嫌だなぁ。という方は、インナーとして着られるプロテクターもあります。
バイク向けインナープロテクターを流用すればロードバイクでも使えるかもしれません。

4.下半身向けプロテクター(膝・腰)
下半身向けはガードしてない人がそれなりに多いですが、
プロテクター挿入可能なバイク向けパンツとして、EDWIN等のジーンズメーカー、
バイク向けアパレルメーカーから商品が出ております。

また、普段履きのパンツに対して、膝向け、腰向けのプロテクターをつけるという手もあります。
大分やぼったくなりますが、膝を強く打った場合歩行困難になる可能性がありますので、
可能な限り装備したいところです。
インナープロテクターも販売されており、インナーパンツと普段履きのパンツの組み合わせなら、
シルエットに違和感が出ますが下半身もガード出来ます。

また、ソフトシェルタイプの膝向けインナープロテクターであれば、
ロードバイクでも使えるかもしれません。
漕ぐ操作に直結する場所なので違和感、操作感の悪化は避けれないかもしれませんが、候補に入れられるかもしれません。

5.シューズ・ブーツ(足首・足全体・アキレス腱)
バイク向けシューズであれば、足の保護は十分できると思います。
足首までの保護を考えると、ブーツでカバーできます。
アキレス腱まで保護するタイプの外付けプロテクターをつければ、足周りは保護が完全にできるかと思います。
ただ、足の大きさや可動域の制限も出てきますので、自分に合ったシューズをお選びください。
価格帯としては6000円~30000円くらいとなっております。

ロードバイク向けはロード向けシューズを選択されるかと思います。
足をのせるペダルとの兼ね合いもあるかと思いますが、
3000円~30000円と相当幅広いです。
ペダルとの固定も含めて考える必要があり、かつペダルをこぐ動きをするため、
転倒時の保護としては、外付けプロテクターを足首の上側につけるくらいでしょうか。

6.首向けのプロテクター
バイク向けに売られている首向けプロテクターがあります。
こちらは、転倒時にヘルメットと首との間の衝撃によるけが、障害を防ぐためにあります。
首の裏を全面的に守るもの、輪のような形で肩とヘルメットの間の隙間を埋めて守るものがあります。
4000円~6000円くらいで買えますので、

down

コメントする




18 + twelve =


株式会社ラポールスターの採用情報